プロフィール

GIOVANNI34

Author:GIOVANNI34
チャオ!
人生楽しんでる?
ともに目を輝きませう!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
美しいものを見て、
美しいと感じる、
あなたの心が美しい・・・

・・・こんな言葉を聞いて、
心地よくなれたあなたの心もきっと美しい。

いかがお過ごしですか、ブログを引っ越ししようかと思います。
このブログはしばらくそのままですけど、
次回からのアップはアメブロからの予定です。

・・・拍手はないかな、読者になるに登録していただいたら連絡が届きます。
&初期のは、最初からで見れます。

もう夏は目の前です、あらたなストーリーお楽しみに・・・。
http://ameblo.jp/kobe-giovanni/
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
20090711090133
拝啓、いかがお過ごしですか?

梅雨も開けていないのに、セミの鳴き声を聞いてからすでに4日が過ぎました。
なんだか毎日自然に翻弄されている気がしてしょうがないですね…。


ザワザワと耳元を駆け抜け頬を撫でた生ぬるい風も、
ほのかに明るい空と、
鈍色(にびいろ)の雲を東に追いやったそれもきっと同じだったように思えます…。

かりにバケツいっぱいの絵の具をそんな大きな風にかけたところで、
ただただ地面に落ちるだけでしょう。

姿は見えねどです…。


高い空と、自分の間を通り過ぎる低い雲の動きを見るとき、
いつも、なんだかワクワクするんです。

なんだか地球の上に立っていることの実感します。

…地球の表面積はぼくらの2つの足裏何倍ぐらいあるんでしょうね?

地球はドラマの塊です、
晴れも雨も、笑顔も悲しみも、優しさも憎しみも、出会いも別れも、失敗も成功も…。



あっ、セミがまた鳴いてます…

夏はどんなご予定ですか?さざ波をあてに一杯やるのもいいですね。


では夏らしい夏まで今しばらく待ちましょう。

夏風邪はつらいです、
ご自愛のほど…。

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:神戸
“二人乗るのには狭いんじゃない?”

“無理でしょ?”

そんな言葉を知ってか知らずかぼくはシクロのシート幅を広げた。

最近思う、ダメな状況ならどうする?

・・・こんな考えを忘れていませんか?

ぼくはダメだと思った瞬間、なんだってダメにしか方向は向かないと思うんです。

“ウエディングドレスの後ろ長いけど・・・”

シクロを見てないからではあるけど、花嫁さんまでが無理では?と・・・
(花嫁さん怒らないでね)

仮に長ければどうするか?仮に狭ければどうするか?


実情を知ってる知ってないではなく、
創意工夫を忘れて、保守的になってしまったとき生み出されるのはどれだけのも?

ぼくは成功だけを頭に浮かべます、
スマートにいかなかったとしても、なんとしてでも帳尻を合わせます。

そしてなんとしてでも笑顔を生み出します。
それしかぼくにはできないんです・・・


・・・友人夫妻は時間がぎりぎりとのこと、
シクロに乗って三宮を回るのはやめようと言ってきました。

悪いという意味ではなく、ばたばたしている式の前なんてこんなもんかもしれません・・・、
ぼくは写真を撮ってもらう予定だった友人に連絡し三宮を回らないことを伝えました。




なんて無力なんだろう・・・



きっと喜んでもらえるだろう、きっと素晴らしいひとときになるはず・・・

ぼくの気持ちの中でどれだけ創造が増幅したところで、
結局は相手の心を打てるかだと思った。

お前が言うなら大丈夫、お前がやることならきっと楽しませてくれるはず。

ぼくの言葉には、タイトな時間で気持ちが焦ってしまっている二人の心に入りこめるほどのオーラはなかった・・・。
ただそれだけでしかなかったと思う。
もしそうでなかったとしても、
どんなことよりも高い優先順位を得れるぐらいにならねばと・・・。


・・写真だけでも撮ろうとなって二人はシクロに、
ちょっとだけということで道を走る、
すぐに戻れるからとなんとか国際会館まで。

通りすがりの人が手を振ってくれる、窓を開けて“おめでとう!”と言ってくれる女の子。
見ず知らずの人から二人への祝福・・・。

同じ時間に身を置けたことへの感謝、
強引だったけど走り出してほんとによかった。

ただただそれだけでぼく自身も涙の込み上げる思い。

シクロウェディング(動画あり)をあらたなムーブメントにしていけるように、どんな場面でも人の心を打てるように・・・
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:神戸
拝啓、いかがお過ごしですか?
最近友人にシクロを運転してもらい、乗ってみました。
相変わらず絶妙だなって感じました。
まだまだたくさんの方に味わっていただけていないことを思うと、
自分自身の微力さが申しわけなくなるばかりです。

ということで私的空気感の強過ぎなジョバンニブログからは旅立たせました。
その名も・・・港町神戸輪タク物語とさせていただきました。
(注 いちおパクリではないつもりですので、ご理解のほど)

・・・いつしかぼくの肩甲骨は大きな羽になる気がしてしょうがないんです、
今年の梅雨明けは、
まるでマルコが母を訪ねてジェノバに向かったように・・・。
きっと前途多難にして、まぶし過ぎる陽の光が待っている気がしてなりません。

梅雨も気持ち次第です、
風邪にご注意いただき、どうぞご自愛ください。

 
                                             ジョバンニ

| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
…ジンでグラスの氷から、ゆらゆらとオーロラのように冷気が上がった。

注がれたトニックはほぼ氷に触れず、
グラスの壁をつたいながらジンと絡みつく。
泡立ち皆無、いつの間にかグラスは満たされる。


…“えいっ!”と、

おまじないをかけるようにライムはスクィーズされる…。

底にたどり着いたマドラーは氷一つ分つきあげ、
再びトニックの海に身を投じる。

優しく半回転もすればドラーの役目は終わった。

氷は少しでも溶かさず、炭酸は一粒でも弾けさせない。

バーテンダーのテンダーは優しい相談者の意、

ベテランになればなるほど、カクテルを作る所作はあまりに繊細で美しく、まるで蝶がグラスの周りを飛び回るようにも見える。


そしてビルドされたカクテルが目の前に出され口にする…


…ぼくの美味しい笑顔を見て、

“よかったですね…”

片付けを始めたベテランバーテンダーの目尻が無言でそう言ったように思えた。
| BLOG TOP |

copyright © ジョバンニの闊歩、闊歩神戸! all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。