プロフィール

GIOVANNI34

Author:GIOVANNI34
チャオ!
人生楽しんでる?
ともに目を輝きませう!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
あんまり生活感のない瞬間に憧れてみたりするときがある…


港の倉庫街、そう本牧あたり…(おーい、なんで横浜やねん)
まっ、こっちなら和田岬か摩耶埠頭あたり…。
車でもバイクでもなんでもいい…
帰りつく先がたまに港なんて悪くない気がする。
オレンジのガス燈の灯りで水面がキラキラと光る。

激しいときも穏やかなときも、酒のあてになるのではと見惑うほどに表情を変える…。
波を艶やかにするのは月夜だけではないのであった。

がらんとした倉庫の中には取り立てて物はない、でかいソファーがあるぐらい。
そっ気ない空気感がこのときばかりに気をきかす…。
考えなきゃいけないことと、考えたくないこと…少しの間だけ片隅に置いて深呼吸をした。
呼吸とともに、こっぽりと体がソファーに沈んでいく…。
手すりの上に乗せたふくらはぎあたりからゆっくりと血が心臓めがけて流れてくる。
どのパーツも、そう身も心も誰にも侵されることなくほぐれていく…。

まるで子供の頃、押し入れに入り掛け布団に包まれ、ゆっくり体が沈み込む感じ…。

ボールいっぱいのフルーチェを冷蔵庫から出して、スプーンですくううちにほとんど食べてしまって怒られたことも、
転校生に厳しすぎる音楽教師のこともすべて忘れさせてくれた気がする…。
そんなことをふと思い出す。
だいたい人は包まれたがりだと思って間違いない、
ゲームに包まれるぐらいなら機能美を感じる機械や道具に包まれて眠りたい…。

そして許されるなら、
キラキラとしたさざ波の照り返しで,
まぶたをゆっくり持ち上げて目覚めたいものだ。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |

copyright © ジョバンニの闊歩、闊歩神戸! all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。