プロフィール

GIOVANNI34

Author:GIOVANNI34
チャオ!
人生楽しんでる?
ともに目を輝きませう!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
20080327121103
マンガはリアルな世界からキャラを引っ張り入れる。そう考えれば、マンガに似たキャラの人がいてもおかしくない…

ベレー帽にヒゲを生やして、シャツの第一ボタンまで留めた少しコンパクトな青年。
目尻の下がった優しい目が多少の怪しさを中和していた。
そんな孝太君はまさにマンガから飛び出てきたようだった。

彼を初めて見たのは玉造駅近くのコンビニ、
“あのキャラもありかー、大阪やなー”

あんまり神戸にはいない青年のキャラは、大阪を表現する形容詞のために存在すると思われた。

まさか知り合いになるとは…(苦笑)

噂では、そんな画家風の彼の演奏がひどくいけてるらしかった。
でも情報がなさ過ぎたからか、その時点では驚きようもなかった。
B型同士、“良い”ということが生み出すものの素晴らしさ…そんなトークが最初から彼とはできた。
まるで安酒でしこたま酔って理想を語る、ピースフルな大学生のように…

つい先日、そんな彼のトリオジャズバンドの演奏を実際聴いてど肝を抜かれた。

危険なほど、

い・け・て・い・る!!

マイクに真正面に立ち、口との距離はほとんどない…そんな風に社会や愛とも接し言の葉に乗せる…

高く甘い声は、スーパーバタードッグとブランキーをブレンドしてたっぷりのスチームミルクで包みこみ、清志郎をシナモン代わりにかけた感じだった。

それぐらいに強く荒々しく、そして優しかった…

ギャップ感を例えるとき“落差の大きい松坂のフォークみたいだ!”と言ったりする。

さしずめ左ききのB型のぼくにしてみれば…“左バッターの肩口を通ったボールが、スルスルっと落ちてストライクに入る、高校生並に遅い星野のスローカーブに空を斬ると表現したい。

キャラを超越したSO COOLな演奏にクラクラきた。

そして朴訥とした雰囲気とともに、ポツリポツリと大事にもらす言葉がズシリと心に響く。

間違った理解が怖く、言葉を並べてしまうぼくとはまた違う。

いい意味での“悔しい…”というリフレインは暫く心の中で止みそうもなかった。

そして触発、感化し合える存在が一人増えた事実にまた感謝した。

雨の北野でのライブイベント“六甲番外地”…
SO い・け・て・い・た。
スポンサーサイト
コメント

今日こうた君のCDをウォークマンに入れましたよ

ほんといいものは何処に行ってもいいんだ!

シンプルなことですが

なかなか出来ないことを体現してくれました

彼はジャンキー

そして本物です

あらためてトビさんに感謝します!グラッチェ!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ジョバンニの闊歩、闊歩神戸! all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。