プロフィール

GIOVANNI34

Author:GIOVANNI34
チャオ!
人生楽しんでる?
ともに目を輝きませう!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
20080517171441
鍵はとにかくまっすぐ鍵穴に入れるのは必須。
ギザギザは使うほどにが磨耗してしまうから…

そう、鍵穴と鍵は絶妙な間合いで開くわけだったりするわけだったりする。

ヨーロッパ旅行中のテラス会の主の家に忘れものを取りに行った。

鍵のありかは教えてもらっていたので、開けようとするもうんともすんともならない。

ダメ元で少し曲がった鍵を穴に半分だけ突っ込み“ぐっ”と真っ直ぐにもどす…

“スコーン!!”

ちよっと曲がってるだけで開かず、ちょっとのことで開いた…。
きっと問題解決の瞬間はいつもこんなもんなんだろう。

忘れ物はすぐに見つかったけど、夜景に見とれ一度つけた電気をあえて消した。

視野に収まりきらない夜景の独り占めに感動してしまった。

そういえば最近いい傾向にある。
人の繋がりであれ、ビジネスアイデアにしろ派生派生でおもしろいネタが浮かぶ。スキルのない自分をダメだと思う前に、自分の持ち味を商品価値とするべきなのかと…。
まだまだいい状況じゃないけど、なんだかやっと人生の羅針盤の修理が済んだ気分だ。

電気を消してから時間が経ち、夜景を眺めていたら自分の頬っぺたの上あたりが少し明るくなっていたのに気づいた…

月明かりではなく、神戸明かりだ。

百万$の夜景の一部にはなっていないけれど、ぼくぐらい暗い部屋にいたって、誰も咎めはしないだろう。

山の裾野と頂上で見える景色はあまりに違う。
やる気だけはいつも後者付近で体操座りをしていたい…
スポンサーサイト
コメント

贅沢なひととき…
主がいなくてもそこからの景色は変わらないんだね。
たまには上から景色を眺めるように、ものごとも眺めてみよう…
ときには自分を取り囲む環境や自分自身も上から眺めてみよう…
きっと今ある場所からの眺めとは違うはずだからね。

今度はすんなりと鍵を開けて、夜景を見る目的だけに時間を費やすのもありですね。


chieさん〈主に感謝です。
見下ろすわけでも、見下すわけでもなく、身を置く場所によって見えるものが違う事実を知るところからでいいんちゃうかな…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ジョバンニの闊歩、闊歩神戸! all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。