プロフィール

GIOVANNI34

Author:GIOVANNI34
チャオ!
人生楽しんでる?
ともに目を輝きませう!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
知らない女性の話す声が聞こえてきた…。

おキレイな容姿とは少し違和感を感じるぐらいに荒れた声だった。

いいように言えばしゃがれたいい声…のはずがその方、関西のおばちゃん然とした感じだった。
関西弁もご愛嬌であるとはいえ、少しもったいなく思えた。

赤の他人のぼくにどうこう言われるつもりはその方にはないと思う、ぼくも言う気はない…。

つい先日、タイ帰りの友人のお帰り会をしたときにふと思った。
たしかタイ語は“小鳥がさえずるような…”という例えがあるって言うよなー。
タイ語のありがとうは“コップンカー”
似たような音なら、“タップンタップン、ちゃっぷんちゃっぷん…”

日本語は世界の人にはどんな風に聞こえるんだろうか?

目は口ほどにものを言い、もしかしたら声もまた口ほどにものを言う…のかもしれない。

関西弁云々ではないが、
ぼくは件(くだん)の女性が話す内容、言葉を大切にしたらまた違って聞こえた気がしてしょうがなかった。
ビートルズの“ブラックバード”という曲を思い浮かべながら思う、
耳心地のいい言葉が溢れるのってなんだかいいなって。

“がらがら蛇にならず小鳥のさえずりのように、心のこもった声で…”

誰もが美空ひばりや徳永英明みたいな“1/f周波数の揺らぎ”のような声は出せない、でも自分の中のワクワクや温かい気持ちを口にすればきっと聞く人に響くんだろうな…。

心に響く…その言葉がぼくの心になんだか…。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ジョバンニの闊歩、闊歩神戸! all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。