プロフィール

GIOVANNI34

Author:GIOVANNI34
チャオ!
人生楽しんでる?
ともに目を輝きませう!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
20081116054605
間違っても理数系ではないぼくは、
世の中を理解するときに数学的、統計学に考えるとわかりやすいことが好きになれないでいた…

それでも、それでも…

…珍しくいつもより早めに電気の消えた近所のお好み焼き屋を覗く。

“ジョバンニー、遅いわー!”

“すんませーん…”

“お好みの大やったらすぐやでー”

気のいいおばちゃんは閉店間際の客にも優しい。

…じつのところ、お好み大はおばちゃんと娘さんの夜食だったわけで…。

“お母さん、ほんま美味しい!!”

“せやろ、美味しいやろ”

言っていいのか迷いながら…
“惜しむらくは、白ご飯がほしいかな…”

“あほ!!あかんねんて、ご飯なんか出したらなー、やれチャーハンせーやら言い出すんやから…”

“…でもなお母さん、こんな美味しいのだけ食べるんは申し訳なくて…”

“またうまいこと言って…”

ぼくは酔っぱらった後の疲労感を嫌い、
喉ごしを味わうためだけにノンアルコールビールを飲みながらそんなやり取りを楽しんだ…。
そう、平日の夜に下戸の喉を潤すにはノンアルコールがちょうどいい。

缶から移したジョッキに手をやったまま、おさまらないピリピリ感でうつ向いた頭をなかなか上げれないでいた…

“くぅぅうーーーー!”

美味すぎる!!

…お好み大が残り半分になった頃、ぼくの体はなんだか後ろの壁にもたれかかっていた。

店の中には絶妙な手さばきで鉄板をきれいにするお母さん、洗い物やらの片付けをするしっかり者の娘さん、お客さんは赤い顔した丸坊主のお兄さん、そして自分の2人…

“まじめな話ですんません…”と切り出してしまったことにこっ恥ずかしくなって少し後悔した。

まさか0.5%以下のアルコールで酔ったはずはなく、ただ少し素直になれる空気が、まるで社会を知りたての大学生みたくぼくの気持ちのひもを優しくほどいてくれたのかもしれない。

“最近思わずってよく考えるんです、思わず来ちゃうとか…”

“きっとここに来るお客さんも、明るく元気なお母さんとの話を楽しんだり、けちょんけちょんに言われるのをわかっていながらやっぱり暖簾をくぐるんやろね”

お母さんも娘さんも口をついて出た言葉、

“ジョバンニ、そんな風に思ってくれてありがとうー”
お母さんの、がらっぱちな雰囲気とは裏腹な愛情をわからない人は、二度目のない店かもしれない。
いつも近くにいる親思いの娘さんのフォローもまた素晴らしい。

…驚くほど早くお好みを作るから客でいつもいっぱいじゃなかったんだと痛感する。

…最近友人が元町あたりの4階でカフェバーを始めた。

世辞る気はないけれど、彼は人から“リラックスの達人”というあだ名をつけられている。

飾らない彼の魅力は多分に“癒し”を感じさせられるところだろう。

そんな彼もまた帰り際のお客さんに、

“いってらっしゃい”の一言で見送る。

誰もが一軒や二軒、そんな場所を持ってるんだろう…

それでも、それでも…

“思わず…”を科学しないまでもよく考えてみると、まるで思う前、思うことをせずににである。

でもこんなはずはなく、人は考えたからこそその行動をしているはずだ。

一心不乱に甘いものを探し出すアリとなんら変わらず、ただ自分に正直に“思わず空間”を求めて…。

結局のところ主の人柄、
ぼくはこの方事実がこれっぽっちも揺るがないことがなにより嬉しかった。

否定的だったけれど、
この方程式だけは好きで好きでたまらない…
スポンサーサイト
コメント

方程式…

誰もが一軒、二軒そんな場所を持っているんだろう…

かれこれ
ん?3年半以上前?になる?

私もジョバンニがカフェ〇〇〇〇〇で働き出すからと言った夏、ジョバの人柄から発出勤日にぜひ覗きたいと思って行ったのを今でも鮮明に覚えています。

それからやっぱり足を運びました。

それにも、そうしたくなる、また行きたくなる意味があったと思います!

私だけじゃなく数多くの人達も理由は楽しいからとか、何だか会いたくなるとか皆さん色々だと思うけどきっとお好み焼き屋の母、娘さんへの気持ちと同じものだと思います。

そんな風に思われるや場所があるってヤッパリいいですね!

すっかり神戸から遠のきましたが仕事からプライベートとユックリ考えれた良い場所、空間の中に入ってます。

何だか私には似合わないコメントのようだけどたまにはです


sayuさん
ありがとうございます、これからも変わらずご愛顧いただける自分でいます(^^ゞ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ジョバンニの闊歩、闊歩神戸! all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。