プロフィール

GIOVANNI34

Author:GIOVANNI34
チャオ!
人生楽しんでる?
ともに目を輝きませう!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:音楽
知り合って間のない三島由紀夫似のいい男,
トビナッツさんのライブでの印象はとてもプリミティブなものだった。

哀愁のアイリッシュ、70年代タイムスリップ系フォーク、そして大阪ブルース…どの演奏をとっても、そう、生活臭がぷんぶんしていた。

ただ闇雲な社会への叫びだけでは決してない、耳を澄ませばその言葉には経験からか、やさしさや周りに対する感謝すら感じる。
そして奏でる音は下手な日本酒より心にしみる・・・。

ブルース…あぁ、なんと悲しくも美しい響きなのか。

曲が進むつれて、聞き手の掛け声や合いの手はトビナッツ、フェルナンデス、ブルースの両雄のしゃがれた声を鼓舞する。


放心状態の心と体に拍手がボワンと響き、まるでおっきな風船の中にでもいるような感じがした。
そう、やさしさと感謝の風船の中に…。


すべてが渋過ぎる演奏!!


そして照れ屋のブルースシンガーたちは笑いながら言うだろう、
「いやいやぼくらあかんたれやから、女にもてよう思ったら必死や、12小節の歌に助けてもらわなあかんのですわ。大阪が、そう育てたんです…」ってね。
器用にギターを弾くくせに不器用にしか振る舞うことができず、
不器用だからこそ人の琴線に触れる…。

風俗乱立の梅田堂山、そんな一角のバーHEAVEN HILLでのブルースナイトはぼくらに見えない羽をつけてくれた気がした・・・。
20071004020616.jpg
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ジョバンニの闊歩、闊歩神戸! all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。