プロフィール

GIOVANNI34

Author:GIOVANNI34
チャオ!
人生楽しんでる?
ともに目を輝きませう!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
関西人の「まいど!」には二度目以降だからって意味を含まずに使う場合がある。
このパターンになかなか馴染めない。
お初にお目にかかる場合なんかにも使われるから違和感を感じる。
まいど…まいど…うーん、いつも会ってるはずじゃーないのに…となる。

南京街のスパニッシュバルで働いているとき、ある日自分の言葉に変化があったことに気付いた。
「お帰りなさい…」
じょうだん混じりだったのかもしれないけれど、何度かお見かけしていたお客さんに向かって口をついて出たのはそんな言葉だった。
「ただいま…」
お客さんは違和感なく笑顔でそう答えてくださった。
少しほっこりした。

星の数ほどある飲み屋の扉を順番に開ければすぐに「お帰りなさい…」ぐらい言われるのかもしれない。

それでもぼくにとってはとても得難い空気感だと…。
ふと思い出す嫌な経験は、とあるバーテンダーがいつの間にか馴れ馴れしくなって行かなくなったこと。

もし、もしも自分がお店をやるなら、
「お帰りなさい…」
笑顔とともにそんな言葉でお迎えしたい。

二度目からではなくとも、いつか一見さんにも心をこめて、
お帰りなさい…と。
スポンサーサイト
コメント

一人暮らしをしていたとき・・・、「ただいま」「お帰りなさい」を一人で二役こなしてた。
帰ってきて真っ暗なのが寂しくって、明かりをつけたまま外出したりもした。
「お帰り・・・」そういってもらえる今の日々は、とても幸せなんだな。あったかくって。
ほっと心が和む、あったかい言葉だよね。

chieさん<お帰りはとても密接な間がらで使うと考えれば、多少距離のあるはずのお客と店の人でもお帰りなさいの一言はいいもんですね。
そんな風に思っていたいです。
一人二役おつかれさん・・・。

お帰りなさい…ご主人様


すみません(笑)

カッツ、ナイス

カツコさん<たとえ一泊であっても、意気投合すればそこの方は「いつでも帰っておいで…」
そんなことを言ってくれます。
メイドカフェのようなシステマティックな言葉にならないように心がけたいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ジョバンニの闊歩、闊歩神戸! all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。