プロフィール

GIOVANNI34

Author:GIOVANNI34
チャオ!
人生楽しんでる?
ともに目を輝きませう!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
とあるバーでのひとこま、…白髪のお客がシュリヒテ・シュタインヘーガー・ストン というドイツジンをオーダーする。

カウンターに出され口に…

“冷えているっ!!”と驚愕する。

…ほとんどオーダーの出ることのないお酒を冷やしておくのは、いっけんして無駄にも思える。

(漫画レモンハートより)



笑顔のためなら…。





一度もお客の顔を見ることのない物作りの人も、
ケガをしないか?不快を感じないか?喜こぶ笑顔を想像して仕上げていく…。


いい仕事は=作り手の心の度合い…。



“気が利く”というのは気配り心配りより高次元で、思わず“やるな!”っと感心させられることみたいだ。

ベテランバーテンダーでなかったとしても…、

なんの変哲もない毎日だったとしても…、

できれば気の利いた言葉の一つも言えて、できれば気の利かない言葉の一つも言わずにいれる自分でいたい。



…あなたもどこかの誰かにシュリヒテをお出ししていますか?
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:自転車
上田夫妻
ということで初期のシクロは二人座るのは若干狭かったわけです。
まっ、スジャータの主のヨシヒロウエダがでかいということもあるけれど・・・。(笑)
シクロ溶接エクステンション
で、お世話になっている鉄工所のお兄さん白本さんに幅広化の工作お願いしました。
(白本さんブログたまご王子が行く♪
ぼくよりも少し若い方なんですが、昼は作業、夕方からをアートに励んでます。自転車にも詳しく、今のぼくにとっては欠くことのできない存在…。
実際に前部で10センチ、後部で15センチ前後広がりました。
とんぼ製作
個展出品前の作品…火入れ入魂・・・
とんぼとサン
息子さんとトンボです♪
とんぼ完成!・・・2
できあがりー!
シクロととんばと息子
・・・子供は父の背中を見て成長します。
息子さんは、きっといい子に育つ予感がします。
シクロat南京町
・・・結果的に爽やかにこんなスタートが切れたわけです。


今はシクロをとにかく価値のあるものにしようとぼく自身真剣です。

愛と情熱と感謝はきっと成功への道を切り開いてくれると思います。
応援してくれる方々に恩返しもできる気がします・・・



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
夜明け前・・・
眠れないから書く…





…なぜ殺したのか?


しいて言うなら、
あのとき暑すぎたから…


取り調べを受けた犯人は、重い口を開き、その瞬間を思いだしながら…たしかこれに近い言葉を言った。


不明確だったはずのことも、最後の瞬間を迎えるのは、いつだってその程度のことが引き金になるのかもしれない。

…高村薫の文の、解読不可能な人の行動を描くこんな人間臭さがすごく好きだったらする。

考えごとをしていて、
寝そびれてしまったぼくは湿り気に耐えながら薄明かるい空を見る。

あくまでも太陽の明かりが今ないだけの空。
本当なら昼間のそれとはなにも変わらないはず…。
うだるような暑さは背中を濡らし続け不快さしか生まない…。

でも誰にも怒りをぶつけるでもなく、おもむろに上半身を起こす。


一瞬だけ言い訳じみた犯人気持ちがわかった気がした。

…きっとどうでもよくなったんだろう。


手元の扇風機をつける。
明るさを増した空はぼくに話しかける…

“汗はぬぐえばいいさ、喉だって潤せばいい…
もう朝だね、暑いけどまた一日仲良くしようよ…”

ちぇっ、まいったな…
イヤな気がしないじゃないか。

小鳥のさえずりは、まるでアコースティックギターのボディーのように囲った形のマンション群の真ん中でよく響く。

まるで話しかけてくるような鳴き声…。

…“朝になる瞬間って悪くないだろ?”
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
皆さん梅雨真っ只中、いかがお過ごしですか?(珍しい書き出し)

ちゃんと理想と現実の狭間でジレンマしてますか?
ジレンマしなきゃダメですよ、いつも悪魔はあなたの心の中で取り引きをしようと言います…
容易く悪魔に魂売っちゃダメです。(笑)
仮に売ることがあっても、まずジレンマする事実が大切です…。


ところでバタバタしてあまりブログを書けていない最近です。
お越しいただく方々失礼しています。

文章というのはほんとむずかしいです、でも楽しいです。
最近読み返しまして、あんまり稚拙なんで赤面しました。(苦笑)

それでもがんばります、これからもよろしくお願いします。


では今日はこんな感じで…


…コツっ、コツっ、コツっ、上がった足が地に着く前にもう片方の足を上げるだけのリズム、狂いはしないが覇気はない。

今はただ1日の疲れを柔らかなソファーに身を委ねたいだけ…。

きっと誰よりも優しく包み込んでくれるはず…。

“ソファーさん、
あなたとなら気持ちのすれ違いもなくいれるはず…”
やっとのおもいで家の扉の前に着く…。


呪文のひとつもない扉は、カギ穴にカギを差せば簡単に開く。
なんて無機質な儀式なのか?

人と人の間には山ほどの呪文が絡み合っているのに…。

…カーテンを締め切っていた部屋はいつも通り真っ暗だった。

スイッチに手を伸ばす…、あれっ?ない。

もう少し奥?

違う、手前?

もう少し上?下?

…もしかして逆側?




…どうですか、あなたはあなた自身が輝くスイッチをもう見つけましたか?

なかなか見つからないからって諦めたりはしていませんか?

“パチンっ!”

聞きましょうよそんな音、部屋に電気がつくように輝いちゃいましょうよ。



…ぼくもいつも混迷の中に身を置いています、これは誰だって変わらないでしょう。

もし“私はぼくは、ジョバンニみたいに楽天かじゃないよ”
そう言われるなら、だまされたと思ってプラス思考の楽天家を少しでも目指してください。

その瞬間からきっとすべてが好転します…

機会があれば会って話をしましょう、
お互い高め合えるとなおいいですね…。

では暑い日が続きます、
くれぐれもご自愛のほど…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:
シクロ

“愛だよ、愛…”

一番ぼくを後押ししてくれたのは、湘南に住む友人のそんな一言でした。

人があまりやらないことをしようとするとき、
若干決断が鈍ったり…
でも友人の言葉がすべてを払拭してくれました。

きっと愛があればなんだってできるんだ…

ということで新企画です♪

梅雨明けになりますが…

“エコと笑顔の数珠繋ぎ、ジョバンニのシクロ de 東海道”というのをやります。

二酸化炭素排出削減、エコロジーの再認識、シクロというの自転車タクシーを見た人乗った人、たくさんの人を笑顔にする旅物語。

…神戸からまず京都へ、
三条大橋から再出発し、一路東京は日本橋を目指します。
そして再び神戸への約1200キロ、1ヶ月強の行程。

地続きだからできる!と決め込むのが左利きのB型らしいところとであると…ある意味自負します。

箱根は越えらるるのか?
困難さは毎日の人生となんら変わらないでしょう…。
でもたかがぼく一人の東海道五十三次の旅であっても、きっとどっかの誰かの心の片隅に刻まれる気がします。

そんな自転車でもできちゃうんだ…

とてもとても草の根的かもしれません。
ですが何かが生まれると信じてやりぬきたいと思います。


まだ時間があります、道中関連を持てるであろう団体などに告知をしっかりしエコイベント等にも関わっていけたらと企画中…。
道中記はこのブログにアップしていきますのでお楽しみに♪


“私の、ぼくの気持ちをジョバンニ、代わりに運んで!”
とおっしゃる企業様&個人様一口スポンサーも募集中(シクロでの広告も可、ブログの先頭にspecial thanksでお名前が載ります)
興味のある方、ありそうなお知り合いいらっしゃれば随時ご連絡を…

ジョバンニデザイン
角田 ジョバンニ 誠治
09090436159
kobe.se-ji.k1202@docomo.ne.jp
| BLOG TOP |

copyright © ジョバンニの闊歩、闊歩神戸! all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。